自分を育ててくれた、大好きな3年生と目指した日本一への挑戦が終わった。5回に一時勝ち越しとなる2点適時打を放った矢吹栄希(はるき)(2年)は「3年生への思い入れが強すぎる。3年生との夏が終わるのが悲しい」と無念の結末に涙をにじませた。

...    
<記事全文を読む>