第99回全国高校野球選手権大会が7日、甲子園球場で開幕する。東北からは青森山田、盛岡大付(岩手)、明桜(秋田)、仙台育英、日大山形、聖光学院(福島)が出場する。夏の甲子園切符を勝ち取った6校を紹介する。

 福島大会の決勝はサヨナラ勝ちで11年連続の夏の甲子園出場を決め、戦後最長の連続出場記録を更新した。2度追い付かれながらもリードは許さず、最後に勝負強さと底力を発揮した。

 投手陣は右腕4人を擁する。主戦の斎藤は3試合で2失点、前田は決勝を94球で投げ切った。ともに最速は143キロ。平野、堀田も含め各投手ともカーブ、スライダー、チェンジアップと多彩な変化球を操る。

 チーム打率は3割...    
<記事全文を読む>