山形大会では背番号1の森田南々斗をはじめ計4投手が持ち味を発揮した。絶対的な柱はいないが、タイプが異なる左右の投手がいることが強み。バッテリーを中心にした堅い守備で、僅差の展開に持ち込みたい。

 先発を担うのはともに右腕の森田と沼沢拓実、左腕の近藤皓介の3人。森田は「全球種でストライクを取れる」という制球力が特長。山形大会は計3試合で登板し、与えた四死球は3。習得を目指してきたシンカーは「使えるレベルまで仕上げた」と話し、投球の幅が広がった。

 2年生の近藤皓は不調に苦しんだが、自分の投球動作を見直して復調。ボールのきれで勝負する。「4人の中でも気持ちを前面に出す」という気迫のこも...    
<記事全文を読む>