明徳・馬淵監督「初戦に全力」日大山形・荒木監督「一戦必勝で」 甲子園の開会式リハーサルが行われた8月6日、大会第2日の第4試合で対戦する高知県の明徳義塾・馬淵史郎監督(61)と、山形県の日大山形・荒木準也監督(45)が対談。2013年大会の準々決勝(日大山形が4―3で勝利)も振り返りながら互いの印象などを語った。

 ―相手の印象を。

 馬淵監督 「複数の投手がいて、4番舟生にはパンチ力がある。4年前の日大山形は強打のチームで、勢いを感じた。中盤まではどっちが勝ってもおかしくなかったが、勢いに負けた」 荒木監督 「そつのない野球で得点につなげてくる。簡単にはミスもしてくれないし、投手も...    
<記事全文を読む>