完敗だった。主将としてナインを引っ張ってきた青森山田の相坂大真二塁手(青森・横内中出身)は18日の東海大菅生(西東京)戦後、目を真っ赤に腫らしていた。青森県屈指の二遊間の1人として、4度、飛んできた打球を全てアウトに仕留め、七回はランニングスローで観衆を沸かせた。成長の証しとして、巧みなグラブさばきを存分に発揮し、甲子園を後にした。

...    
<記事全文を読む>