青森山田の3年・和田武優(たけまさ)選手(荒川小、青森山田中出身)は子どもの頃、好プレーを見せれば祖父の病気を治せると思っていた。毎試合のように応援に来てくれた裕夫さん=享年61=は、力みやすい武優選手に近づくと、津軽弁でそっと「らぐ(楽)にい(行)げ」と言ってくれた。亡くなって4年。あの言葉とともに「今もそばにいるような気がする」。

...    
<記事全文を読む>