四回の第2打席。四球を選んだ最初の打席で、彦根東(滋賀)の先発・原功征投手が変化球を多投していると読んだ青森山田の7番・中澤樹希也選手(2年)は、初球に狙いを絞っていた。緩い変化球を振り抜くとボールは高々と左翼席へ。今季公式戦で1本しか出なかったホームランが、甲子園の大舞台で飛び出した。

...    
<記事全文を読む>