青森山田の斉藤勇が10安打を浴びながらも2失点と踏ん張り、一人で投げ切った。「小さい頃から憧れていた場所で勝利に貢献できてうれしい。仲間の守備にも助けられた」と喜びをかみしめた。

 終盤はピンチの連続。七回こそ2死満塁の窮地を脱したが、八、九回は近畿勢を後押しする空気が球場を包んだ。昨年の大会で八戸学院光星が7点差をひっくり返された悪夢が頭に浮かんだが、異様な盛り上がりも「自分たちへの応援だと思って投げた」と最後まで冷静さを失わなかった。

 8強入りを懸けた3回戦は東海大菅生(西東京)が相手。「清宮選手を擁する早実を破ったので強い。全員で守り勝ちたい」と気合を入れ直した。 <...    
<記事全文を読む>