第99回全国高校野球選手権大会が7日、甲子園球場で開幕する。東北からは青森山田、盛岡大付(岩手)、明桜(秋田)、仙台育英、日大山形、聖光学院(福島)が出場する。夏の甲子園切符を勝ち取った6校を紹介する。

 青森大会は全試合で先制点を挙げ、一度もリードを許すことなく勝ち抜いた。昨年秋から3季連続となる県制覇を果たした勢いそのままに甲子園に臨む。

 投手陣は継投が中心。主戦の左腕三上はカーブやスライダーなど多彩な変化球と高い制球力が持ち味だ。控えの斉藤勇は右横手からくせのある直球を投げ込む。広い守備範囲を誇る相坂、工藤の二遊間、俊足で強肩の中堅阿部のセンターラインを中心とした堅守で投手...    
<記事全文を読む>