【岩見沢】来春の選抜高校野球大会(春の甲子園)につながる第70回秋季北海道高校野球大会空知支部予選の組み合わせ抽選会が29日、岩見沢農業高で開かれた。支部代表を目指す16校12チームが、岩見沢市営球場で戦う。

 開幕戦は9日午前10時半から、芦別と岩農が対戦。夏の甲子園に出場した滝川西は同日午後1時から、岩西と当たる。部員不足で単独出場できない夕張、月形、美唄尚栄、砂川、深東の5校は合同チームを組んで出場する。

 予選を勝ち抜いたチームは10月1日から札幌円山球場などでの全道大会に出場する。

 抽選会では、各チームの主将が1人ずつ前に出て、箱から組み合わせの番号を記した球を取り出した...    
<記事全文を読む>