第70回秋季北海道高校野球大会函館支部予選(道高野連など主催)の組み合わせ抽選会が28日、函館中部高で行われ、対戦カードが決まった。9月10日に開幕し、参加21校19チームがA、B両ブロックに分かれて熱戦を繰り広げる。

 今回は森、長万部、福島商、松前、上磯の計5校が部員が集まらずに出場しないため、参加校は過去最少となった。

 Aブロックには夏の南北海道大会出場の函大有斗、函工、江差の3校が集中し、混戦が予想される。開幕戦では函稜北と、南茅部・大野農・奥尻の3校連合チームが対戦する。Bブロックは函商や函ラサールなどの強豪に注目が集まる。

 各ブロックの代表決定戦を制した2チームは、1...    
<記事全文を読む>