第5日は12日、3試合が行われ、一昨年準優勝の仙台育英は一回に山田、二回に長谷川の本塁打など毎回の18安打を放ち、15-3で滝川西(北北海道)に大勝、2回戦に勝ち上がった。16日、日本文理(新潟)と対戦する。▽1回戦(第1試合)仙台育英(宮  城)230023221=15滝川西 (北北海道)000000300=3 【評】仙台育英は打線が爆発し、18安打15得点と快勝した。一回1死二塁、山田が先制の左越え2点本塁打を放つと、二回には長谷川の右越え本塁打で3点追加。その後も毎回のように加点し、今大会最多の15得点を挙げた。先発の主戦長谷川は6回を投げて2安打無失点の好投。

 滝川西は...    
<記事全文を読む>