白熱した攻防を三振で締めくくると、西日が照りつける三塁側アルプススタンドは歓喜に包まれた。第99回全国高校野球選手権大会第5日の12日、兵庫代表の神戸国際大付は前年準優勝の北海(南北海道)を逆転で破った。3年ぶり2度目の出場でつかんだ悲願の夏1勝。野球部員たちに交じって懸命に声援を送り続けた小さな“チアガール”4人も「このままどんどん勝ち進んで」と喜びを爆発させた。

 メンバー入りした後藤貴大(たかひろ)選手(3年)の妹彩心(あやみ)さん(9)と寒川豪(たける)選手(3年)の妹千桜(ちはる)さん(9)、2年生部員の妹、重成月姫(かぐや)さん(9)と佃姫那(ひめな)さん(5)-の4...    
<記事全文を読む>