第99回全国高校野球選手権大会第5日は12日、兵庫県西宮市の甲子園球場で1、2回戦3試合が行われ、3年ぶり2度目出場となる兵庫代表の神戸国際大付は、初戦の2回戦で前年準優勝の北海(南北海道)を5-4で破り、3回戦進出を決めた。神戸国際大付は4強入りした2005年春以来の甲子園白星を挙げ、夏は初勝利。

 神戸国際大付は1-2の六回、2年谷口嘉紀外野手が同点ソロ。再びリードされた七回にも1死一、三塁で、谷口外野手が2打席連続となる3点本塁打を放って逆転した。2打席連続本塁打は大会史上32人目。

 兵庫勢の初戦突破は2015年の滝川第二以来、2年ぶり。神戸国際大付は大会第10日(17日)...    
<記事全文を読む>