第99回全国高校野球選手権は第5日の12日、甲子園球場で行われ、第3試合の2回戦で3年連続全国最多38度目出場の北海(南北海道)は神戸国際大付(兵庫)に4―5で逆転負けを喫し、初戦で敗退した。

 昨年準優勝の北海は2点リードの七回1死一、三塁で、2番手のエース多間が神戸国際大付の谷口に2打席連続本塁打となる逆転の右越え3ランを浴びた。

 打線は二回1死三塁で井上の中前打で先制。2―2で迎えた七回1死一、三塁、川村の適時内野安打などで2点を勝ち越したものの、八、九回は3番手花村を打ち崩せなかった。

...    
<記事全文を読む>