第5日は12日、甲子園球場で1回戦が行われ、第1試合は一昨年準優勝の仙台育英(宮城)が15-3で滝川西(北北海道)に大勝して2回戦へ進んだ。

 仙台育英は一回に山田の2点本塁打で先制。二回には長谷川が3点本塁打を放つなど、毎回の18安打と打線が爆発して得点を重ねた。

 ▽1回戦仙台育英(宮城) 230023221=15滝川西(北北海道)000000300=3(仙)長谷川、佐川-渡部、阿部(滝)鈴木、高島、奥村、鈴木-細矢(本)山田、長谷川(仙)<佐々木監督「何かが味方してくれた」> 仙台育英が大勝し、2回戦に進んだ。序盤に一発攻勢を見せ、計18安打の猛攻。今大会最多の15得点と打線...    
<記事全文を読む>