アルプス席のリーダーからグラウンドへ。12日午後の全国高校野球選手権大会2回戦で、北海(南北海道)との初戦に臨む兵庫県代表の神戸国際大付。背番号15の寒川豪内野手(3年)は、今春の選抜大会でスタンドの応援団長を務めていた。度重なるけがを乗り越え、高校最後の夏にメンバー入り。「諦めずに努力してきて良かった」。メガホンをバットに持ち替え、甲子園の土を踏む。

 宝塚市立宝塚第一中時代は硬式クラブ「兵庫伊丹ヤング」で活躍し、強豪の神戸国際大付に進んだが、けがに苦しんだ。高校1年の夏に右肘を痛め、手術とリハビリで半年以上、ボールを握れなかった。2年生の夏にはノック中に右手首を打撲。「骨挫傷...    
<記事全文を読む>