宮城代表の仙台育英は12日、滝川西(北北海道)との1回戦を迎える。甲子園のベンチ入りメンバーは18人で、宮城大会から2人減る。今大会は高橋愛斗、穂積悠太の3年生2選手が外れたが、ベンチの外から全力でナインをサポートする。

 佐々木順一朗監督がベンチ入りメンバーを告げたのは、大阪へ出発する日の朝だった。「苦渋の決断だった」と言う。

 「最後まで選手として残りたかった」。2人は唇をかみしめながら、残った18人に「頼むぞ」と声を掛けた。大阪行きの機内では、涙が止まらなかったが、着陸する頃には気持ちを切り替えた。

 「応援したくても甲子園に来られなかった3年生もいる」(穂積選手)、「チームが...    
<記事全文を読む>