11日から12日に順延された大会第5日第3試合の2回戦で対戦する地元兵庫代表・神戸国際大付の青木尚龍監督と、北海(南北海道)の平川敦監督が6日、甲子園球場で対談し、互いの印象や思い描く試合展開などについて語り合った。

 -相手校の印象は。

 北海・平川監督「攻守が非常にバランスのいいチーム。(エースの)岡野君がほとんど点を取られていない。ピッチャーを中心とした野球をしてくるのでは」 神戸国際大付・青木監督「(38度目で)最多出場されている伝統校で力のあるチーム。打線が活発で、特に(主砲の)川村君は長打力もある」 -どう戦う。

 平川監督「何とか食らいついて、競った形で中盤、終盤を迎え...    
<記事全文を読む>