第99回全国高校野球選手権大会に宮城代表として出場する仙台育英は6日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開会式のリハーサルに臨んだ。

 仙台育英は今春の選抜大会に続く甲子園出場。西巻賢二主将は「春に比べて出場校が多く、雰囲気が違う。本番もしっかり行進し、甲子園の雰囲気をかみしめたい」と語った。

 初戦の滝川西(北北海道)戦に向け、佐々木順一朗監督は「相手も粘りのあるチームなので、互いに譲らない戦いとなるだろう」と予想。「(1番の)西巻が(塁に)出るか、出ないかで流れが変わる。どこかで仕掛けないといけない」と話した。

 滝川西の小野寺大樹監督は「仙台育英は甲子園常連校で投手力、チーム力がある」...    
<記事全文を読む>