全国高校野球選手権大会の開幕を控え、滝川西は6日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開会式リハーサルに臨んだ。選手たちは、今大会のために新調したユニホームを着用。緊張した面持ちで行進し、憧れの甲子園の土を踏みしめた。開会式は当初、7日の予定だったが、台風5号の影響で8日に延期。これに伴い仙台育英との対戦も12日にずれ込んだ。

 午前9時から始まったリハーサルで、滝川西ナインは昨年優勝校の作新学院(栃木)に続き2番目に登場。出場49校の中で青のユニホームは滝川西のみ。1985年、緑の芝生に映え、他校との中でも目立つ斬新な色をと、現在の「スカイブルー」になった。

...    
<記事全文を読む>