第99回全国高校野球選手権大会(7日開幕・甲子園)の組み合わせ抽選会が4日、大阪市内であり、3年ぶり2度目の出場となる兵庫代表の神戸国際大付は、大会第5日(11日)第3試合の2回戦で、昨夏準優勝の北海(南北海道)と対戦することが決まった。

 神戸国際大付は今春の選抜大会に続く春夏連続の甲子園出場。エース岡野佑大投手と猪田和希捕手のバッテリーを中心にした力強い攻守が持ち味で、兵庫大会準決勝で選抜大会4強の報徳、同決勝で明石商を破り、3年ぶりに夏の甲子園切符をつかんだ。3年連続代表の北海は全国最多38度目の出場を誇る古豪。昨夏はエース大西健斗投手を擁して初の決勝に進んだ。

 開会式の選...    
<記事全文を読む>