第99回全国高校野球選手権大会(7日開幕・甲子園)の組み合わせ抽選会が4日、大阪市内であり、3年ぶり2度目の出場となる兵庫代表の神戸国際大付は、大会第5日(11日)第3試合の2回戦で、昨夏準優勝の北海(南北海道)と対戦することが決まった。

 相手は全国最多出場を誇り、昨夏準優勝の北海。神戸国際大付の青木監督は「夏の雰囲気に慣れているのは大きい」と、昨夏経験者7人を擁する古豪との初戦に気を引き締めた。

 北海はチーム打率3割7分6厘、1試合平均8・6得点。守っても7試合で失策2と伝統の堅守も健在だ。甲子園練習が同じ日でスタンドから練習を見たというエース岡野は「ノックの動きも軽くうまい...    
<記事全文を読む>