北大会では一度もマウンドに立つことがなかった滝川西2番手の高島が調子を上げている。1日の甲子園練習でも「今は狙い通りに投げられている」と手応えもつかんだ様子で、本番に向け着々と仕上げている。

 高島は空知支部予選の代表決定戦で先発。しかし、球が高めに浮くなど制球が乱れて3失点を喫し、三回途中で降板した。北大会の4試合はエースの鈴木が1人で投げ抜き、登板機会はなく悔しさが募った。

...    
<記事全文を読む>