興南のマウンドに上がったのは、昨年侍ジャパンU―15に選出され、国際大会に出場した1年生左腕・宮城大弥だった。

 準決勝までに打者50人に対し21奪三振を記録。重圧のかかる決勝の舞台でも、力強い投球を見せつけ、九回の三者連続を含め、美来工科から13個の三振を奪った。1失点での完投。強力打線を寄せ付けない圧巻の内容だった。

 序盤から140キロ超の直球と多彩な変化球で厳しいコースを攻め続けた。右打者には外角中心に、左打者にはスライダーで外に逃げる投球を意識した。1年生とは思えない落ち着いたマウンドさばきで7安打に抑え、最少失点にとどめた。

 これまで継投策で勝ち抜いてきた興南だが「完投...    
<記事全文を読む>