夏の甲子園出場を懸けた第99回全国高校野球選手権沖縄大会は15日、沖縄セルラースタジアム那覇で準決勝を行い、第2試合は美来工科が八重山農林に8-0の7回コールド勝ち、決勝に進出した。第1試合で勝利した興南と、甲子園出場を懸けて16日に対戦する。

 美来工科は1回裏に1点を先制、4回裏以降得点を積み重ね突き放した。

 決勝は同球場で16日午後1時開始予定。

...    
<記事全文を読む>