高校野球の第99回全国選手権沖縄大会の第7日は2日、沖縄セルラースタジアム那覇など3球場で2回戦8試合を行い、16強が出そろった。八重山は延長十三回の末、第2シードの美里工に6-5でサヨナラ勝ちした。首里は昨年覇者の嘉手納に4-3でサヨナラ勝ち。第3シードの美来工科は8-3で具志川商を退け、浦添商は7-2で普天間に逆転勝ちした。知念は宮古工に13-0、宜野座は沖縄高専に12-0でそれぞれ五回コールド勝ちした。八重山農林は北中城に2-0、北山は豊見城南に4-0で勝利した。3回戦は8日に行い、ベスト8が決まる。

 ◆好機で集中力 打ち勝つ 3時間51分、延長十三回の熱戦を制し、八重山...    
<記事全文を読む>