聖心ウルスラ5-2宮崎日大 【評】聖心ウルスラが前半のリードを守りきった。四回までに7安打を集め、5点を奪った。先発戸郷は8四死球を出しながら9回2失点と要所を締めた。宮崎日大は六回に坂木の適時打、八回に井崎の犠飛で追い上げたが、散発5安打と打線につながりを欠いた。

...    
<記事全文を読む>