日向学院6-5日南学園 【評】日向学院が九回の攻防を制した。同点とされたその裏は2死二、三塁とし、曽我が右越えに運び、サヨナラを決めた。先発小倉は粘り強い投球で5失点完投。日南学園は2点を追う九回、途中出場の桑田らの3連打で同点に追い付いたが、序盤の失点が重かった。

...    
<記事全文を読む>