宮崎第一6-3宮崎工 【評】宮崎第一が逃げ切った。五回に戸高の適時打などで2点を先制。1点差とされた七回は再び戸高の適時三塁打などで2点を奪い、九回は足を絡めた攻撃で2点を加えた。宮崎工は八回、3長短打で2点を返し、1点差まで追い上げたが、九回は守りのミスが響いた。

...    
<記事全文を読む>