宮崎大宮8-6宮崎北 【評】宮崎大宮が執念の逆転勝ち。3点を追う九回、1死満塁から清水の2点適時打と暴投で同点とし、さらに相手の隙を突く本盗で勝ち越した。宮崎北もその裏2死から追い付く意地を見せたが、十回は連打を浴びるなど、相手の勢いを止められなかった。

...    
<記事全文を読む>