宮崎工7-6飯  野 【評】宮崎工が競り勝った。初回、小倉の適時打などで3点を先制し、三回には四死球に3安打を絡め3点を追加。同点とされた八回は、中馬の左前適時打で1点を勝ち越した。飯野は八回、久木の適時二塁打などで6-6に追い付く意地を見せたが、あと一歩届かなかった。

...    
<記事全文を読む>