【評】宮崎第一が圧倒した。初回は敵失に乗じて柏木の適時打などで4点、二回も柏木の適時三塁打など6安打で5点を加え、試合を決めた。高城は二~四回と六回に得点圏に走者を進めながら、後続が凡退。七回に3連打で1点を返すのが精いっぱいだった。

...    
<記事全文を読む>