第99回全国高校野球選手権宮崎大会第2日は9日、宮崎市のKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎とアイビースタジアムで1回戦4試合を行った。妻が昨年準優勝の宮崎商を3-0で破り、夏は7年ぶりの勝利。日南は西都商を12-1の七回コールド、延岡星雲は日向工を10-0の五回コールドでそれぞれ下した。宮崎学園と小林秀峰は3時間10分の雨天中断を挟んで、宮崎学園が2-1で勝利した。第3試合の日向学院-都城泉ケ丘、宮崎北-門川は天候不良のため、10日に順延となり、決勝も23日にずれ込んだ。

 第3日は10日、両球場で1回戦6試合を行う。

...    
<記事全文を読む>