高校野球の第99回全国選手権宮崎大会は8日、宮崎市のKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で49校が参加して開幕する。甲子園出場を目指し、22日の決勝まで熱い戦いを繰り広げる。

 優勝争いは例年以上の混戦模様。直近の県選手権を制した第1シード延岡学園、2年連続の甲子園出場を狙う日南学園、プロ注目右腕を擁する都城商、堅い守りが持ち味の日章学園のほか、投手力のある宮崎日大、聖心ウルスラ、日向学院も頂点を見据えている。

 開会式は午前10時から行い、選手宣誓は宮崎北の猪股颯斗主将が務める。雨天時は、木の花ドームで同11時から実施する。

 大会はサンマリンとアイビースタジアムを使用。問い...    
<記事全文を読む>