満を持して先発した明豊のエース橋詰開斗(3年)が圧巻の投球を見せた。今夏の登板回数はわずか2。だが決勝の大舞台で、緩急をうまく使った投球を続け、強打の大分商打線を翻弄(ほんろう)した。チームの勝利に大きく貢献した大黒柱は「自分の持ち味を最大限に生かせた」と納得の表情をのぞかせた。

 準決勝までの4試合を大勝したこともあって「橋詰を使いたくても、試合の展開的に出せなかった」(川崎絢平監督)。登板した2試合は、いずれも厳しい場面ではなく、しかも終盤の1イニング。好調な打線がもたらした不安材料の一つだったが、背番号1は堂々と大役を果たした。

 打者に背中を見せるほど体をひねり、右横手から...    
<記事全文を読む>