冷静な試合運びでコツコツと得点を積み上げた舞鶴が日田林工を破って26年ぶりの4強入りを果たした。花田修監督は「気持ちの高まりを抑え、いつも通りにプレーしてくれた」とたたえた。

 160球超えの熱投から中1日で先発したエース左腕益川和馬(3年)が投打で流れを引き寄せた。初回に先制打を放ち、投げては五回までを無失点。ストライク先行の打たせて取る投球が奏功したようで「肩の張りはあったが、逆に丁寧にボールを握れたことが良かった」と益川。

 エースが試合をつくると打線も応えた。中盤以降は足と小技を絡めて加点した。特に六回が理想的だった。先頭の村谷鴻典(同)が左前打で出塁すると即座に二盗。白石...    
<記事全文を読む>