攻守で持ち味を発揮した大分商が快勝で4強入りを決めた。渡辺正雄監督は「相手はシード校を破った勢いがあった。立ち上がりを冷静に抑えることができたのが大きかった」と振り返りながら、バッテリーの踏ん張りをたたえた。

 エースの古江空知(2年)は序盤、やや球が浮き、先頭打者に安打を許す苦しい立ち上がりだった。だが強肩捕手の後藤龍雄馬(3年)が支えた。「気持ちの入った良い球がきていた。走者は自分に任せて思い切り投げさせた」(後藤)の言葉通り、初回と二回に二盗を阻止した。

 打線もエースを援護した。二回に福田達也(3年)のスクイズなどで2点を加え、主導権を握ることに成功。古江も応え、尻上がりの...    
<記事全文を読む>