延長戦にもつれた接戦を制した中津南。勝利をたぐり寄せたのは佐野悠太主将(3年)の思い切った一振りだった。

 延長十回表に勝ち越しを許し、迎えた中津南の裏の攻撃。先頭の浦野拓海(2年)が安打出塁し、佐野主将が打席に。

 1点が欲しい場面。相手も警戒する中、バスターを仕掛けた。打球は外野の頭上を越え、好スタートを切った浦野が一気に生還。直後に相手バッテリー間ミスでサヨナラの本塁を踏み、夏の1勝を挙げた。

 「相手の意表を突く練習を何度も重ねていた。よく打った」と佐藤俊彦監督。殊勲の佐野は「次はもっと楽な展開に持ち込む」と笑顔だった。「悔いはない」 胸張る翔青 翔青は延長までもつれた接戦で...    
<記事全文を読む>