地元に元気を―。福岡・大分豪雨で被害を受けた日田市勢の日田が劇的なサヨナラ勝ちで初戦を突破した。決勝打の金丸幸斗(3年)は「練習不足の不安もあったが、気持ちでもっていった」と魂の一打を振り返った。

 同点で迎えた九回、相手攻撃を三者凡退に抑えた直後の攻めだった。先頭の江藤龍汰(2年)が四球で出塁し、続く中村太一(3年)がバントで送った。2死後、左打席に金丸が入った。

 「前の打席で打ち取られた配球と同じ攻めでくる」と、変化球の後の直球に狙いを絞った。やや内よりだったが「引き付けて逆方向へ」と、練習通りにバットを振り抜くと、打球は左中間へ。二走江藤龍が生還して勝負が決まり、ベンチから...    
<記事全文を読む>