相手が急造チームでも気を緩めなかった。三重総合打線が初回から快音を響かせ続け、五回コールドで初戦を突破した。那賀誠監督は「よくバットが振れていた。この勢いを持ち込みたい」と次戦を見据えた。

 打者16人で初回に11点を挙げた。続く二回には「低く強い打球を心掛けた」という木口瑞貴(3年)の2点ランニング本塁打が飛び出した。外野がもたつく間だったが、うれしい大会第1号となった。

 快勝での初戦突破に葉山隆登主将(同)は「全員気合が入っていた」と胸を張り、次のシード柳ケ浦戦に向け、「どこが相手でも自分たちの野球をやるだけ」と話した。急造の宇佐産表情晴れやか ○…3大会ぶりに単独出場した宇...    
<記事全文を読む>