好機を堅実に得点に結びつけ、ピンチを最少失点でしのいだ竹田が主導権を握り、2回戦進出を決めた。上尾隆一監督は「よく粘り、守り抜いてくれた」と選手の頑張りをたたえた。

 1点差に詰め寄られた直後の四回の攻撃が大きかった。四球を足掛かりに足と犠打を絡めて1死三塁とし、渡辺大和主将(3年)のスクイズで加点した。

 打線は勢いづき、さらに敵失と四球で塁を埋め、羽田野龍也(2年)、森楓真(3年)の連打で2点を加えた。「打力は低いが、粘り強く攻めることができた」と渡辺主将。

 その後は追加点こそ奪えなかったが、守りで踏ん張った。五回途中、先発の津高貴和(2年)からマウンドを引き継いだエース藤田航...    
<記事全文を読む>