第99回全国高校野球選手権大分大会(県高野連など主催)は8日、大分市青葉町の別大興産スタジアムで開幕。開会式の後、1回戦2試合があり、中津東と玖珠美山が2回戦に駒を進めた。

 開会式では、45校が元気よく行進。県高野連の後藤雅宏会長は「今年の夏に生涯忘れられない最高の思い出を作ってほしい」と激励。大分東明高3年の助安大智主将が「野球ができる喜びをかみしめながら正々堂々プレーする」と選手宣誓した。

 中津東は12安打の猛打で大分東を下した。玖珠美山は九回に9点を奪う集中打で逆転勝ちを収めた。

...    
<記事全文を読む>