第99回全国高校野球選手権熊本大会(県高野連など主催)は23日、藤崎台県営野球場(熊本市)で準決勝2試合を行い、シード4チームが熱戦を繰り広げた。秀岳館は八代に17安打を浴びせ、7-0で八回コールド勝ち。文徳に序盤リードを許した九州学院は、八回に集中打で大量5点を奪い逆転勝ちした。決勝は、昨年と同じ顔合わせとなる。秀岳館と九州学院が激突する決勝戦は24日午前10時半から、同球場で行われる。

 秀岳館は10三振を奪い、被安打2に抑えた投手陣の好投が光った。九州学院は終盤に打線が爆発。長打力を備える文徳との打撃戦を制した。

 秀岳館は鍛治舎(かじしゃ)巧監督が突発性不整脈のため八代市内...    
<記事全文を読む>