全国高校野球選手権熊本大会(県高野連など主催)は13日目の21日、藤崎台県営野球場(熊本市)で準々決勝2試合を行った。この日の試合でベスト4が出そろった。4チームは、いずれもシード校。23日に同野球場で行われる準決勝で激突する。

 文徳は、勢いに乗る多良木打線を2投手の安定した投球と堅い守りで零封。九州学院は上位打線に当たりが戻り、エース田尻も走者を背負いながら粘り強い投球を見せ、八回コールド勝ちした。

...    
<記事全文を読む>