第99回全国高校野球選手権長崎大会(県高野連など主催)は22日、長崎市松山町の県営野球場で準決勝2試合が行われる。第1試合は昨秋の県大会を制した長崎日大と、2年連続ベスト4の清峰が対戦。第2試合では5年ぶりに4強入りしたノーシードの瓊浦が、シードの波佐見に挑む。

 シードの長崎日大は2試合連続でコールド勝ちし、勢いに乗る。長打力のある長浜莉来選手(3年)と田久保大成選手(3年)を軸に、今大会のチーム打率は4強トップの3割7分9厘。4チーム最多の失策5個という守備が鍵になる。

 対する清峰はノーシードながら、豊村直大投手(3年)と岸川滉生投手(3年)の両エースが4試合を2失点に抑える...    
<記事全文を読む>