甲子園をかけた勝負に明暗はあるとしても、2人の指揮官にとって感慨深い一日となった。23日、早稲田佐賀の優勝で幕を閉じた高校野球佐賀大会。早稲田佐賀監督の古賀一則さん(37)、鳥栖監督の堀江幸弘さん(52)はともに鳥栖高OBで、春夏通じて3度甲子園に生徒を導き、4年前に66歳で亡くなった鳥栖元監督の故平野國隆さんの教え子だ。

 「お世話になった鳥栖高に胸を借りるつもりで戦った。平野先生にいい報告ができます」-。4年前、あと一歩で甲子園を逃していた古賀さんは夢を実現し、涙を流した。

 30代になって監督に就いたが、指導で迷うことばかり。「先生にはいつも悩みを聞いてもらった」。試合の時は...    
<記事全文を読む>