早稲田佐賀の左腕2人がテンポのよい投球で盤石のリレーを披露した。鳥栖打線を初回の1点に抑え、この日はともに打撃でも貢献した。

 先発の2年生・安在悠真は立ち上がりに3連打を浴び先制を許したものの、チームがすかさずタイムを取って落ち着かせ、後続を断ち切った。

 その裏、2死二、三塁で打席が回った安在は「取られた点を取り返す」と粘り、9球目を右中間へ運んで逆転二塁打。投球もリズムを取り戻し、スライダーで相手打者を次々と打ち取った。

 安在は四回の打席で左手に死球を受けて降板。継投予定でアップ済みだった森田直哉に後を託した。「1番を背負う以上、最少失点で抑えたかった」と森田。180センチの...    
<記事全文を読む>