第99回全国高校野球選手権佐賀大会最終日は23日、佐賀市のみどりの森県営球場で決勝があり、早稲田佐賀(唐津市)が鳥栖を6-1で下し、創部8年目で春夏通じて初の甲子園出場を決めた。

 早稲田佐賀は1点を追う一回裏、安在悠真の右中間二塁打で2点を奪って逆転。四回は山本雄貴の中前打で1点を奪い、その後も小刻みに追加点を奪った。

 鳥栖は初回に1点を先制したが、その後は打線がつながらなかった。

 全国大会は8月7日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕。8月4日に組み合わせ抽選会がある。=早稲田佐賀 戦績=2回戦  3-1 東明館3回戦  2-0 佐賀西準々決勝 3-0 佐賀北準決勝  9-7...    
<記事全文を読む>