鳥栖商 3-2 佐賀商 鳥栖商は投打の主軸が活躍して主導権を握り、佐賀商を振り切った。

 鳥栖商は二回、1死一、三塁から9番田中の右前適時打で先制。五回は四球と安打で得た1死一、二塁の好機で4番布江が右越えに2点二塁打を放ち突き放した。先発田中は五回に2点を奪われ、その後も再三得点圏に走者を背負ったが、粘りの投球で追加点を許さなかった。

 佐賀商は五回に敵失と3番空閑の左前打で1点差まで詰め寄ったが、終盤の好機にあと1本が出なかった。

...    
<記事全文を読む>